[駆けよ、駆けよ、駆けよ!!] オグリキャップ

[駆けよ、駆けよ、駆けよ!!]
オグリキャップ

連続イベント(β)

ありがとうが聞きたくて

  • +5
  • スキルPt +30

喜ぶ顔に変えたくて

神さまのお告げだったのかな?
  • 体力 +10
  • +5
人助けをしたんだから、もっと誇っていい
  • スピード +7
  • 賢さ +7
  • +5
  • スキルPt +20

みんなと笑顔になりたくて

  • スピード +10
  • 賢さ +10
  • +5
  • スキルPt +20
  • 快進撃
    のヒントLv +3
  • スピード +7
  • 賢さ +7
  • +5
  • スキルPt +15
  • 快進撃
    のヒントLv +1

    ランダムイベント(β)

    何と答えれば……

    トレーニングを実践してみせたら?
    • パワー +5
    • 体力 +5
    • +5
    苦手なら少しずつ克服してみよう
    • 根性 +15
    • 体力 -10
    • +5

    人混みは大変だ……

    流れに負けないよう踏ん張って進もう
    • パワー +5
    • +5
    • スキルPt +15
    流れを見極めて進もう

    エピソード

    [駆けよ、駆けよ、駆けよ!!]
    『想駆』スタート地点。
    そこからも『想撚』――
    『蹄板』が燃え、火の粉になって
    空へのぼっていく様子はよく見えた。

    「オグリ、なにお空見つめて
    ボーっとしとるんや?
    もうすぐウチらの『想駆』の番やで?」

    「いや、ふと……
    私もいつか『蹄板』を書いて
    誰かに想いを預ける日が
    来るんだろうな――と思って……」

    「……その時の自分は
    いったいどんな想いを
    『蹄板』に書くんだろうか?
    そう思ったら色々考えてしまって……
    でも、考えても全然わからないんだ」

    「ははっ、そら今いくら考えても
    なんもわからんやろ!
    なあイナリ?」

    「あたぼーよ!
    明日のためにあたしらができるのは、
    今できることを全力でやることだけさ!」

    「せやな! むしろ
    『蹄板』に、こう書くために頑張るで!
    くらいの気持ちで走ってけばええやろ!」

    「『蹄板』に書くために――……ああ、
    タマとイナリの言う通りだ」

    そうだ、いまはただ走ろう。
    この目の先にある
    ゴールだけを目指して――

    いつか来る『その日』には
    なるべくたくさんの『ありがとう』を
    『蹄板』に書けるように――

    Sponsored AD